「やってよかった」効果のあった社員研修

若手から中堅の社員にはスキルを重視した社員研修を

若手の社員研修ではスキル習得を重視したものが効果的です。普段の業務をスムーズに遂行できるように、必要なスキルを教育することになります。また効果のある社員研修は必ず効果の測定をしています。研修を実施した後の効果は数値で管理し、どのように講習を行えば効率良く社員のスキル向上につながるかを検討するわけです。また中堅の社員には部下の指導も行えるようなスキルを教える必要があります。その際にはコーチング能力を高める研修を行う必要があります。部下に目標設定をさせて、その達成に必要な取り組みを部下自身に考えさせることが大事です。そのようなアプローチができるような能力が備わるように、中堅社員に教育することになります。

管理職には経営者としての視点が持てるような研修を

これまでは実務に役立つスキル向上を目指せば良かったわけですが、管理職となれば経営者としての視点が必要になります。それを教育する社員研修が役立ちます。いわゆるリーダーシップを養えるような講習を行うわけですが、社員自身に考えさせるようなアプローチが必要になります。ゲーム形式で参加者自身が進行役となる研修も即効性があることで定評があります。コスト意識を持ったり部下のモチベーション管理などができる人材へと教育する研修は人気があります。中堅社員までは社内研修でも良いのですが、管理職へのスキルアップを目指すための研修が外部の委託サービスが注目されます。体系的に必要なノウハウを備えることができるというわけです。