講師は?費用は?社員研修、実際にどうやるの?

完全に外注してしまう企業も増加中

社員研修プログラムのすべてを外注にして、専門会社に任せてしまう企業が増えてきています。現代は様々な仕事を外部に丸投げするのが当たり前になっていますが、社員研修にまでその波が押し寄せているということです。他にも、福利厚生の制度を外部に丸投げしている企業もあります。一見印象が悪いように思えますが、しかしこれは決して悪いことではありません。専門の会社のほうが、上手く社員研修を企画・管理してくれるケースが多いからです。大体の研修の目的や方向性、具体的に何をやるのかを決めてしまって、後はツアー旅行のように専門会社に一任すると、経営者は楽ができます。費用だけ支払っておけば、後は専門会社の方でしっかりした講師を用意してくれますし、滞りなく研修が終わるように管理運営してくれます。

コンサルタントを雇って自社でする場合

経営コンサルタントの中には、社員研修までカバーしてくれる人たちがいます。コンサルタントを雇っているなら、その人のアドバイスに従いながら自社でオリジナルな社員研修をするといいでしょう。外注をすると総合力は鍛えられるかもしれませんが、業界や会社プロパーな知識や技術を身につけることはできません。講師は自社の先輩社員に任せるというのもありでしょう。今までの経験を活かして講師をしてくれるでしょうし、会社にダイレクトに必要なことを新入社員たちに教え込んでくれます。コンサルタントは、社員研修のやり方に問題がないかもチェックしてくれます。最近は、心理的な負担をかけ過ぎて問題になる事例も増えてきています。社員研修にも、慎重さが求められているのです。